« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月30日 (火)

日本海側縦貫旅行 【2】

【1】の続きから。

1
大阪からサンダーバードに乗り、福井へ。
今まで、福井県は通過した事はあったものの、訪れるのは今回が初めてです。

2
階段を下りると、ベンチで恐竜博士を発見!w
この他、駅構内の何ヵ所かで見かけました。
福井駅以外でも県内のあちこちにいるらしい…?w

3
そして、駅前には巨大な恐竜のモニュメントがっ!!(゚Д゚)
これはインパクトありますねw
忠実に再現した実物大だそうで、動きます…ww
駅舎にも恐竜のイラストが大きく描かれていて、トリックアートパネルもあります。
まさに、恐竜尽くしの福井駅w

6
前々から気になっていた福井のソースカツ丼
ようやく食べられる機会がやってきました!w
福井駅から歩いて5分くらいのところにある「吉ちょう」で蕎麦とセットで。
会津のソースカツ丼は甘めのソースですが、福井は全然違いますね。
キャベツも敷いてないですし、新潟のタレカツ丼のようなシンプルさ。

こちらもなかなか美味しかったです。
是非とも他のお店でも食べてみたいけど、
ソースカツ丼って重いから、私には一度に食べ比べは無理だ('A`)

7
福井駅に戻って、前から乗ってみたかった、えちぜん鉄道へ。

8
将来、北陸新幹線の高架橋として使われる部分を利用して、
しばらくは、えちぜん鉄道が走る事になったようですね。
新幹線開業前に在来線を一時的に走らせるのは、全国的にもかなり珍しいです。

9
駅で買った切符は「恐竜博物館セット券
鉄道全線乗り放題+バス往復+博物館入場料がセットになったお得な切符。
普通、こういう切符は何枚かに分かれて発券されるものだけど、
これは全てが一枚になってます。珍しい…w

10
福井駅から電車に乗って約1時間。終点の勝山駅に到着。

11
趣きのある駅舎で、中にはカフェもあります。
下車した人のほとんどは、バスに乗換え。

12
15分ほどで、福井県立恐竜博物館に到着。
かなり多くの観光客で賑わっていましたw

13
館内に入り、地下へ向かう長いエスカレーターで一気に展示室へ。
入口が3階なので、これはインパクトがありますw

14
メインホールの正面に動くティラノサウルスが。迫力があります。

15
16
館内には43体の全身骨格が展示されています。
その他、千数百点の標本や大型の復元ジオラマ等も。
子供から大人まで楽しみながら学べる施設でした。
GWのせいか、周りが家族連れやカップルだらけで、
一人でいると落ち着かなかったですけど(苦笑

後で調べてみたら、勝山周辺は恐竜化石の宝庫らしいです。
だから、ここに博物館が建てられたんですねw

17
その後、一日フリー切符があるので、駅メモの新駅埋めも兼ねて、
勝山とは正反対の三国港の方まで行ってみました。
途中、車内から見た夕陽が印象的でしたね。
終点の三国港駅もレトロな雰囲気が良かったですw

えちぜん鉄道の旅を満喫した後、特急と新幹線を乗継いで、
この日は富山に宿泊。


【以降、次回に続きます】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 7日 (日)

日本海側縦貫旅行 【1】

ゴールデンウィーク中に、関西から青森まで日本海側を縦断しました。

まずは、京阪大津線のラッピング電車の模型と、
ユーフォニアムのコラボ乗車券を買いに滋賀県へ。
今年何度目の滋賀県なんだろうか…w

1
大津線沿線の駅の広告は、鉄道むすめとユーフォニアムだらけw

2
京阪石山駅で買った後、折角なのでユーフォニアム電車に乗車。
前回と変わり、運転席のドアのところにいるキャラがSD化されてましたw
京阪電車は、一度やったら後は終わり…ではなく、
ちょくちょく変更を入れてくるのが飽きなくて良いですね。
来る度に新しい発見があります…w

3
その後、京都に移動して、今度は京阪宇治線に乗換え。
ここで、前日に登場したばかりのギャラリートレインに乗車!
ヘッドマークが付いていますが、外観は他の列車と同じです。
しかし、中は…

4
車内にある路線案内図がユーフォニアム仕様!
パネルが展示してある駅も分かりやすく案内されていますw

5
各車輌のドア付近に登場キャラクター、上部に楽器の紹介もあります。

6
その他、作中に登場した背景を使用した、宇治市内の観光案内広告もズラリ。
実際にある場所を忠実に再現した作品だからこそできる事ですねw

大津線のラッピング車もインパクトありますが、
宇治線のギャラリートレインは車内が凄く凝っていて、
こちらもとても面白かったです。ファンなら是非一度乗っておきたいところ。

7
ユーフォニアムを堪能した後は、和歌山県へ移動して、
前回乗る事ができなかった、和歌山電鉄に乗る事にしました。
偶然にも駅で待っていたのは「おもちゃ電車

8
有名な水戸岡鋭治氏によるデザインで、子供部屋をイメージしたような内装。

9
電車内にガチャガチャの自販機があるのは斬新ですねw

10
鉄道模型やフィギュアの展示もされていて、鉄道むすめの姿も。
まさに、おもちゃ電車の名前に相応しい雰囲気でしたw

11
伊太祁曽駅で下車して、一つだけ残っていた和歌山電鉄のスタンプを捺し、
記念品のクリアファイルを無事GETできました。
一部の駅では配布終了してたとか。伊太祁曽はまだあって良かった~。


【以降、次回に続きます】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »