« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月20日 (土)

西日本旅行 【四国編2】

前回の続きから。旅行3日目。


8
徳島駅から特急に乗ったんですが、なんとフォロワーさんが先に来ていて、
急遽、途中まで同行する事になりました。
まさか来るとは思ってなかったので、ちょっと驚きでした。しかも初対面(^-^;

9
徳島県南部エリアを踏破して、410エリア目。
これで、徳島県全制覇です!

11
途中で2回列車を乗継いで、阿佐海岸鉄道の甲浦駅に到着。ここはもう高知県。
この先は鉄道で進めないので、路線バスに2時間乗ります。

12
有名な室戸岬を経由するルートでバスは走り、
車窓には綺麗な太平洋が広がります。
途中下車してみたかったけど、バスの本数がとても少なく、
その後の行程に支障が出るので断念。

13
奈半利駅に到着後、今度は土佐くろしお鉄道で高知駅へと向かいます。
故・やなせたかし氏によるキャラクターが全駅にそれぞれあり、
沿線には、やなせワールドが広がります。

この地方出身の方だったんですね。

14
土佐くろしお鉄道の阿佐線(ごめん・奈半利線)は、2002年に開業した比較的新しい路線で、
太平洋沿いを走る上に線路が高架になっているので、眺めがとても良かったですw
オープンデッキ車輌も走っているそうな…今回は乗れませんでした('A`)

20
15

1時間ちょっとで高知駅に到着~。
木造の大屋根が特徴的な新しくて綺麗な駅でした。

…しかし、駅前に何も無い!w
駅自体は凄く立派なんだけど、駅前の閑散っぷりが物哀しい…。
県の中心駅から出て一番近いお店がホームセンターってどうなのw

4時間くらい時間を空けてたので、地図を見て観光名所っぽい場所を探して向かいます。

16
おぉ!これが「はりまや橋」か…!
高知で有名な観光名所で、結構観光客も訪れていました。

17
…何コレ!?(゚Д゚)

恐らく、何も知らない観光客の多くは「お、おう…」と思う事でしょうw
後で調べてみたら、日本三大ガッカリ名所の一つだそうです。
しかし、そのガッカリ具合は札幌時計台よりも遥かに勝っていますw
他所にもありそうな橋じゃないか。
橋の下に流れているのは、川ではなく人工水路。
最近になって水を流し始めたとかなんとか。
後で調べるほどガッカリに拍車をかけるww
この橋自体も1998年に復元された物らしいです。
なるほど、それで作り物っぽいのか…w

話のネタにはなるので、高知に行った時は訪れるのも良いかと思います。
いやホント、なんでこれが有名な観光地なのかw

18

高知駅前の三志士像が夜行くと不気味だとツイッターで聞いたので、
暗くなってから行ってみました。確かにこれは恐い(笑

19
その後、高知駅から特急と予土線を経由して、愛媛県の宇和島まで行きました。
この日は宇和島駅近くのホテルに宿泊。
南予南部エリアを踏破して、415エリア目です。
春香さんのコメントが絶妙すぎて笑うww

【以降、次回に続きます】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月17日 (水)

西日本旅行 【四国編1】

※残念ながら、アイモバカメラが使えなくなったので、ブログのタイトルを元に戻しました。


さて、前回の続きから。

1
岡山駅で新幹線から快速マリンライナーへ乗継いで、いよいよ四国へ。
瀬戸大橋を渡るのは久々ですが、やはり列車で海を渡るのは爽快ですねw

2
今回使うのは、バースデイきっぷ。
これは、自分が誕生日の月にJR四国全線の特急が乗り放題になる超格安切符。
更にグリーン車にも乗れる上に、同行者も同じ料金の切符が買えます。
素晴らしい…JR四国太っ腹すぎる!ww

10
今回は3日かけて四国を一周します。
1日目は半日滋賀県観光で潰れているので、徳島県までの移動だけで終わり…w

3
徳島駅に着く頃には、既に辺りは暗くなっていました。
駅前は思っていたよりもずっと都会的な印象でしたね~。

4
ホテルに向かう途中の橋はライトアップされていて、とても綺麗でしたw

5
6
徳島に来たからには、やはり本場の徳島ラーメンを食べなくては!!
という訳で、フォロワーさんに教えてもらった「東大」に行きました。
豚骨醤油スープがとても美味しいラーメンで、私好みだったのが良かったですねw
人気店のようで、次々とお客さんが訪れていました。

7
ホテルに戻る途中で見かけた看板。
これ以外にも、いろんな場所でアニメイラストを使用したポスターを見かけましたw
そういや、徳島市は毎年2回「マチアソビ」というアニメ関連のイベントやってましたね。
その絡みもあって、街がアニメ推しな感じなんでしょうか。良いですね、こういうのw
いつか一度行ってみたいな、マチアソビ。

【以降、次回に続きます】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »